所得の維持

転職先をリサーチする一つの手段として、ぜひとも活用してみましょう。
たとえばUターン転職をするとしたとき、求人に関する情報がナカナカ集まらないケースもあります。
そこで、 Read more »

保健師の転職に年齢制限はあるの?

看護師の上位資格として保健師を目指している。という人は多いですよね。保健師になるためには看護師資格が必要で、仮に最短で保健師の資格を取得することができるのは、22歳くらいになります。でも、看護師経験を経たのち、保健師を目指そうとする人もいますよね。 Read more »

主婦が在宅で仕事をして収入を得る方法

家事や育児で思い通りに時間を確保できない主婦は、会社勤めをすることはなかなか難しいものです。

仕事で収入を得たいけれど、外に働きに出ることが出来ないと悩んでいる主婦の方も少なくないでしょう。 Read more »

面接の際の質問に的確に回答する方法

面接は、どこの会社の採用試験でも、ほぼ必ずあるものといえるでしょう。就職試験で最も重要なポイントが面接であり、面接を突破すれば採用先が決まります。面接に臨む時に気をつけたいことは色々ありますが、担当者からの質問をどうやって答えていくかが重要です。 Read more »

人材派遣会社と転職

みなさんの中には人材派遣会社を利用して転職に成功した人も多くいらっしゃるかと思います。自分一人で新しい別のしごとを捜すのは、精神力がもたないことも多いですよね。 Read more »

無料就職適性検査の活用法

無料就職適性検査は、就職活動に悩むあなたをきっとサポートしてくれることでしょう。
無料就職適性検査を実施しているサイトはネット上に数多く存在しています。 Read more »

転職のノウハウや情報を活用しよう

これから転職活動や、就職活動をしようとしている人のうち、成功者のノウハウを知っているという人はいるでしょうか。転職活動で Read more »

精神障がいによる障がい年金と社労士資格

精神障がい年金による障がい年金の等級をご紹介いたします。

精神障がい年金1級とは、精神の障がいを患い、長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活に大きな支障をもたらすもの!とあります。それはつまり他人の介助を受けなければほとんど自分の用を足すことができない程度のものを指します、それはかなり重篤なもの Read more »

僕が転職を決意した理由

転職をしたい。そう思い始めたのは、医局派遣の人事に夫婦共々疲弊してしまったためだ。北は北海道、南は沖縄まで。言われればどこだって行った。ある日突然、またお達しが下される。思い出もキャリアも地方各地に中途半端のままな気がしてしまい、このままでいいのだろうかと考え始めたのはここ最近のことだ。思い切って妻に胸の内を打ち明けたところ、「いいんじゃない」と言ってくれた。彼女は今まで一度も文句を言うことなく付いてきてくれた。これから生まれるだろう子どものためにも、一つのところでじっくり働ける、そんな職場で働こうと思う。

医師で唯一の友人に相談したところ、医師専門の紹介会社があるという。正直、今まで仕事しかしてこなかったので世間のそういったサービスなどにめっぽう疎い私は驚いてしまった。正直、自分で求人を探そうと思っても今は時間が全く取れないからだ。そもそも医局長に退職を願い出ることさえ、どう言うべきか思い悩んでいるがそういった相談もできるのだそうだ。医師は他の職業と違って特殊だから、専門の紹介会社があるならありがたい。近々、友人にその会社を教えてもらう予定だ。ここ!

未経験から事務の仕事に就きたいと思ったきっかけ

製造現場の作業員として働いていた私は高校卒業して、このままいつまで体力仕事を続けられるだろうかと考えていた。毎日同じ作業の繰り返しで、ミスは許されない環境だった。

そんな中で、上司から会議の手伝いとしてパソコンを使って会議資料を作成することを任された。今まで1日8時間以上立ちっぱなしで働くことが当たり前となっていたことに対して急に違和感を持った瞬間だった。

会議のためにデスクワークを中心に一週間ほど仕事を行ったとき、私は今の現場作業からデスクワークを中心とした事務の仕事をしたいと切実に思うようになっていた。現場作業が自分に合っていればそこまで苦痛に感じることはなかったのかもしれないが、私にとっては体力を使った仕事はいつまで続くことができるのかは時間の問題だった。

そのため3年間働いた製造現場の仕事を辞めて事務の仕事に就こうと転職活動をした。

しかし、事務職は人気が高く経験者が優遇される職種であることを退職する前に知らなかった私は、履歴書で落とされ面接までこぎつけられないことに焦りを感じていた。

いくつかの会社の面接に落ちた時、このままでは経験も資格もないわたしが採用される可能性は低いと考え、半年間は事務職で使えそうな資格の勉強を生活の中心にして一旦転職活動は控えることにした。

半年経ったとき、MOS(エクセルとワード)、日商簿記2級を取得して、やっと採用してもらえることになった。途中で事務職はもういいか…と思ったときに、前に製造現場で働いていた自分を思い出すと、このままじゃいけないと強く思い直すことで採用してもらえるまでの道のりを開くことができた。

いまでも事務職は人気の職種であるだけに競争率は高いと思うが、若い年齢であれば未経験でも悲観せずに頑張ってほしいと思う。内科医転職におすすめ