治験コーディネーターの仕事とは

治験コーディネーターという仕事を知っているだろうか。あまり聞いたことがないかもしれないが、治験と言うのは新薬を人間で実験をする事を言う。薬というのは、身体に影響を与えるものだ。それがいいものかわるいものかはさておき、影響を与えるものだから、しっかりと実験をしてからでないと、世の中に薬を届ける事はできない。
そこでまずは小さい動物などで実験を行い、それがクリアされたら次は人間で実験をするのだ。それが治験と呼ばれるものである。
薬剤師求人神戸 正社員
治験コーディネーターは薬剤師だが、治験の被験者に説明をする事を主な業務内容にしている。治験がなければ、世の中に薬が販売されることはない。実に世の中に貢献できる仕事なので、そこは誇りを持っている。
薬は、実はとてもお金がかかるものだ。一つ開発するのに5億円以上かかることも普通にあると言う。だから大手企業しか作る事ができないし、それだけ利益が回収できることが前提になければ、プロジェクトすらおきないのだ。

Both comments and pings are currently closed.