看護師が転職をするにあたって

看護師が転職をするにあたっては、将来の自分のことを想像して早めに行動することが重要です。

そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくのがオススメです。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。
年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もリストアップしておきましょう。昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。

それに、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を手がけています。

このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあることでしょう。

全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。

公務員看護師は給料が上がる率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健の指導などをしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。

産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは難しいでしょう。興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、生活がとても不規則になってしまったり、体調を崩しやすいのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつと考えられます。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても違ってきます。

仕事場においては一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。

約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当に何をきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。

今までの勤務先についての良くないことは言わないようにしましょう。産業看護師とは、企業に勤務する看護師です。
看護師といえば病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所に勤務する人もいます。仕事の中身や役割は勤務先ごとに違いますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは基本的な仕事でしょう。

看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が困難という人も多いです。

看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートが遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させてしまうようです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。

看護師免許を取るには、何通りかの道すじがあるでしょう。

看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、突然、試験を受けることは認められていません。

試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して勉強することが必要なのです。
在宅ワーク

Both comments and pings are currently closed.