新卒の就職活動について

私は新卒の特権を使っていろんな企業の説明会に行ったり、面接を受けたりしています。
そのなかで自分の実体験だったり出会った学生から感じたりしたことですが、就職活動をしていて最も成長するときは面接官から自分の人生観についてグイグイと踏み込まれた時ではないかと感じました。
近年、学生は就職活動で必ずと言っていいほど、自己PRと志望動機を言うように迫られます。

その理由はその人が「どんな人間か」「どんな仕事がしたいか」を見極めるためと言われています。
面接する側の意図としてはそうなのでしょう。
そして面接官はその質問に答えるだけではなく、具体性や根拠を求めます。
ただ、学生は似たような価値観を持つ学生と関わり、お金のためにアルバイトをするという人がほとんどです。
そのため、自分がどんな人間か、どんな仕事がしたいのかをほとんど考える機会が無いのです。
そのため、学生は就職活動に際して初めて自分の人生について考え始めます。
就職活動は学生の本分である学問を究める邪魔をしている、と批判されてどんどんと先送りになっています。
しかし、自分の人生の軸が定まった人間は何事にも真剣に取り組めます。
私は逆に、学生の本分である学問を究める前に就職活動をさっさとしてしまえばいい、どんどん前倒しでやればいい、と思ってしまいました。
保育士 求人 正社員

Both comments and pings are currently closed.