精神障がいによる障がい年金と社労士資格

精神障がい年金による障がい年金の等級をご紹介いたします。

精神障がい年金1級とは、精神の障がいを患い、長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活に大きな支障をもたらすもの!とあります。それはつまり他人の介助を受けなければほとんど自分の用を足すことができない程度のものを指します、それはかなり重篤なものとなると思います。

精神障がい年金2級とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難であり労働により収入を得ることができない程度の場合を指します。

3級とは、精神の障がいを患い、労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を有する者または、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有する者、となります。

さらには、障がい手当金というものが存在します。1級と2級、さらに3級と診断する側は医師の判断によります。昨今は相模原の障がい者施設事件がありましたが、その容疑者に対する医師の側の資格に対する不正が問題となっております。

 

 

 

Both comments and pings are currently closed.