保健師の転職に年齢制限はあるの?

看護師の上位資格として保健師を目指している。という人は多いですよね。保健師になるためには看護師資格が必要で、仮に最短で保健師の資格を取得することができるのは、22歳くらいになります。でも、看護師経験を経たのち、保健師を目指そうとする人もいますよね。保健師として勤務を希望する場合、地方公共団体の職員や国家公務員として働く行政保健師や、企業内で働く企業保健師、健康診断などのシーンで活躍する保健師などさまざまな職場がありますが、このうち行政保健師の場合には、実は年齢制限が掛かっていることはおいいんです。地方自治体に勤務する行政保健師の場合、20代後半~30歳くらいまでが年齢制限のリミットになってきます。国家公務員としての行政保健師の場合には、29歳という年齢制限もあるんです。仮に、4大を卒業し一度看護師として臨床現場に入り、その後また保健師としての勉強をしたというような場合いは、この年齢制限を超えた状態で保健師資格を取得することになる可能性もありますよね。目指す職場によっては就職が出来ない、年齢制限がある。ということもありますので、注意してくださいね。

Both comments and pings are currently closed.