内定が先か、退職が先か

今の職に就いている間に、転職活動を始めて、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐ働けますが、転職する先がなかなか決まらない場合もあります。

無職の状態で、半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を辞めないようにしてください。退職の原因が労働時間の長さである場合には「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「新しい環境で自分を高めたい」と記載すると問題はないでしょう。マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、プラスになることもあるのです。

履歴書を書くときに注意しなければならないのは、理想は150文字から200文字程度です。どんな転職の理由がよいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を書き出してください。正直に話すわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現を変換してください。転職理由に関することばかりだと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、なるべく短くなるように気をつけましょう。面接の場では、身だしなみには返す返すも注意しましょう。
清潔感のある装いで面接に臨むということがポイントです。緊張することと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接本番に備えるようにしてください。面接で質問される内容はほとんど決まっていますから、事前に、答えを想定しておくことが大事です。

慌てて転職活動をすると、目先のことにとらわれて、年収が低くても働ければいいかと仕事を選択しがちです。

その結果として、これまでの仕事よりも収入が減ることもあるのです。それでは、一体何のために転職したのかと後悔したくなるでしょう。

所得を増やしたいと思っているのなら、腰をすえて仕事を探さないといけません。

転職支援サービスはこちら

Both comments and pings are currently closed.