転職に良い時期

1.転職にいいといわれる月
実際に、転職にいいといわれる月は、年度末や上半期末に求人を出す会社が増えるのです。
それに、2年以上働いていれば、すぐに辞めるだろうという悪いイメージを与えないでしょう。

願望する職種があるのなら、習慣的に求人情報を確認して、条件に合う募集があるとすぐに応募するといいですね。
職場によっては欠員がないと募集しないので、タイミングを掴みづらいです。

2.有利な資格
転職したいときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士(公認会計士になるためには、合格率が6~8%の公認会計士試験に合格した上で、2年以上の業務補助などを行い、実務補習を修了して、内閣総理大臣の確認を受け、公認会計士名簿に登録しなくてはいけません)がお奨めです。
これまでのシゴトで積み重ねた経験をいかした転職を行なおうと考えている人にもオススメしたい資格なのです。
社会保険労務士という資格を持っていると、総務、人事関連のシゴトに就職しやすくなりますし、公認会計士(公認会計士になるためには、合格率が6~8%の公認会計士試験に合格した上で、2年以上の業務補助などを行い、実務補習を修了して、内閣総理大臣の確認を受け、公認会計士名簿に登録しなくてはいけません)の資格があると財務や経理関係のシゴトを得られやすくなります。

Both comments and pings are currently closed.